スポンサーサイト
2011.04.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
別府弁天池湧水・住友鉱山のコンベア(山口県美祢郡)
2008.06.04 Wednesday 18:04
長府を出て萩に向かう途中、湧水地の看板を見つけて寄り道。国道を
曲がったところに、延々と続く線路のようなものを発見。車を停めて
調べてみるが、一体何に使われているのか全く解からず。


仕方ないのでまずは湧水地へと向かう。着くと駐車場近くに水を汲む
水道があり、無人集金箱が設置されている。が、誰もお金入れてない…。
何だか少し寂しい。お金を入れてペットボトルに水を詰め、少し離れている
という湧水地に向かう。

色々な湧水地を見てきたが、ここまで水が碧い場所は自分の記憶に無い。
旧型の携帯カメラで撮ってもはっきりと解かる美しさ。素晴らしい。水質の
保存にはとても苦慮しているようだが、ずっとこのままでいて欲しいと
思いつつ、後にする。

さて、先ほどの正体不明の線路(?)の終点を求めて、車を走らせる。延々と
続くその線路を追っかけていると、道が行き止まりに。近くに集まっていた
人達に聞いてみることにした。聞けば住友グループの会社が、鉱山から
日本海側の港まで敷いたベルトコンベアとの事。正直、トラック等で運搬する
ものだと思っていただけにかなり驚いた。一体何キロあるのだろう…。
旅行していると、自分の見聞には無い、未知のものに出会う。面白い。

山葵
JUGEMテーマ:旅行
| 山葵と天目 | 山口 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
亀山八幡宮(山口県下関市)
2008.06.04 Wednesday 17:48
唐戸市場前にある神社。市場は凄い人なのに、こちらは殆ど人がおらず。
金子 みすゞの詩碑がひっそりとあった。彼女が亀山八幡宮を詠んだ詩が
いくつかあるそうだが、境内にあったのは大きなフグの像。下関市では
フグではなく「フク」と呼ぶらしい。

肝心の神社は近代で立て替えたらしく、コンクリートの頑丈な造り。
お参りした後、「フクの像」前で記念写真を撮って帰りました。

山葵
JUGEMテーマ:旅行
| 山葵と天目 | 山口 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
でせえる三好・出雲屋・天下鯛焼本舗(山口県下関市)
2008.06.04 Wednesday 08:47
毛利邸を出た帰り道、「侍衆」という名のシュークリームを見つけて
『でせえる三好』へ。

店内には兜に似せた形のケーキや「城下町ロール」というロールケーキが。
思わず「侍衆」を購入。

『でせえる三好』から出ると、道を挟んだ斜め向かいのお店に人が多く出入り
しているのを友人妻が発見。私達もそのまま寄ってみた。

出雲屋と言って、50年以上営業している有名な和菓子屋さんらしい。端午の節句
という事もあってか、お客さんも多い。会話から察するに常連も多くいる。

お湯をかけたら、そのままおしるこになる最中(写真のホタテ型のもの)と
柏餅を購入。このおしるこの形は金沢で見たものと良く似ている。もっとも、
金沢の最中は菊の形でお味噌汁だったけど。初めて知った時は、素晴らしい
発想だと感心したが、ここでもお目にかかれるとは…。

車の中で、シュークリームと柏餅を食べてみる。柏餅の葉っぱが柏じゃない…。
最近は葉っぱも採れ難いのかな。御餅自体は甘さ控えめで美味しい。
シュークリームは、まあ名前以外はオーソドックスなもので。名前って
大事だと思った。

食べながら車を走らせていると、友人夫が『天下の鯛焼き 天下鯛焼本舗』
という看板を発見。結構並んでいるようなので、またもや並んでみる事に。
順番を忘れられるというハプニングは相変わらず(山葵といるとロクな事が
無いというのは有名だ)なので、友人に申し訳ないと思いつつ食べてみる。

他県にも進出している有名店らしい。オーソドックスな皮に沢山入った餡。
姫路で食べた『鯛焼本舗 遊示堂』とはまた違った美味しさだ。こちらの方が
誰もが思い浮かべる鯛焼きだろう。

山葵
JUGEMテーマ:グルメ
| 山葵と天目 | 山口 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
長府毛利邸・長府の街並み(山口県下関市)
2008.06.03 Tuesday 13:16
唐戸市場を後にして、小雨の振る中、城下町長府へ。

雨で人通りも少ないため、駐車場からのんびりと坂道を登る。新しい建物が
多いが、景観を考慮して建て替えられており、とても落ち着いた印象を受けた。
休日は車両通行禁止にして欲しいけど、観光地ではなく生活空間としての
街並みを造っているようなので仕方ない…。途中、日露戦争の英雄とされた
乃木希典を祭った神社があったが、訪れず。そのまま坂道の上にある
長府毛利邸へ。


長府毛利家14代当主、毛利元敏公が明治36年に建てた邸宅。入り口には
沢山の花が飾られており、とても美しい。大きな道路から離れたところに
あるためか、静かでゆっくり寛げる。友人夫妻と目の前に広がる
池泉回遊式庭園を観ながら一休み。良く手入れがされているようだ。

テーブルを見ると短冊に詩が綴ってある。読むとなかなか良い詩もあり、
中には漢詩を詠んだ方もいる。私も詩を詠むような、そういう知識と感性を
学びたいと思おう今日この頃。

天目も一句。…センスが無い。3人でそれを笑った後に、友人夫が詠む。
意外な才能発見。

山葵
JUGEMテーマ:旅行
| 山葵と天目 | 山口 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐戸市場(山口県下関市)
2008.06.02 Monday 18:24
観光地としても唐戸市場へ。朝早くに訪れたが、市場らしく凄い人だかり。

中に入ってみると、一般向けになっているとしか思えないお店が沢山。
以前に訪れた焼津漁港の市場とは全く違う。お寿司を店頭で売っている。
一貫100円から200円くらい。お店によって値段も違うよう。友人夫妻と一緒に
フグ汁とお寿司を幾つか買って、外の海に面したベンチに腰掛けて遅めの朝食。

旬だけあって、イカが美味。それにしても、少し昔に下関に来た事があったが、
あっという間に開発が進み、整備されている。。私がたまたま寄った時、
波止場に釣竿を垂らしてイカ釣りをしている人が沢山いたものだが…。今は
全く面影が無い。

買った御寿司を平らげ、再び市場の中を見学してみる。サメの子供など、
珍しいものを発見。生きているのかと思って驚いたら、女性に笑われた…。

お店の裏のプラスティック箱の中に大きなコウイカを見つけて天目が触って
みる。意外と硬いらしい。

山葵
JUGEMテーマ:旅行
| 山葵と天目 | 山口 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
魚屋の回転寿司たかくら(山口県山口市)
2008.05.30 Friday 18:48
友人夫妻と宿泊したホテル(ホテルアクティブ!山口。今まで私達が泊まった
ホテルの中でも最高のコストパフォーマンスで、素晴らしいホテル。)の一階に
テナントとして営業していた回転寿司屋さん。人が並んでいて、美味しそう
だったので、部屋で少し休憩してから行く事に。

私達が入った8時過ぎは並ぶ事無くすんなりと座れたのだが、もうネタが
あまり残っていないとの事。む、無念…。

適当にオーダーし、ビールの飲めない天目と友人夫は、初めて見る日本酒の
発泡酒『すず音』を注文、私と友人妻はビール党なので生ビールを。

魚も美味しいが、日本酒を飲んで軽いショックを受ける。すっきりとした甘さ、
心地良い日本酒の香り、本当にスパークリングワインのようだ。後日帰宅して
似たようなお酒を探して飲んだが、これが一番美味しかった。光に弱いらしく、
置いている飲食店はあまり無いそうだ。見つけたら是非一度お試しあれ。

魚も美味しく、とても満足。平日には宿泊客に出前もしているようだ。ついつい
食べ過ぎてしまう。次のお店に行く予定だったのに…。今度はもっとネタの
揃っている早い時間に来る事にしよう。

山葵
JUGEMテーマ:旅行
| 山葵と天目 | 山口 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岩国城祉・錦帯橋・吉香公園周辺(山口県岩国市)
2008.05.27 Tuesday 09:50
有名な錦帯橋を見に行こうと、岩国城址へ。午前早くに到着。駐車場近くに
佐々木小次郎像が。

実際の顔は解からないけれど、イメージには近い気がする。史実はともかく、
有名な戦国武将や歴史上の人物には、日本人に共通のイメージ像があるように
思う。ここに佐々木小次郎の像があるのも、きっとそのせいだ。

何故なら佐々木小次郎の出身は、福岡県田川郡添田町か福井県福井市出身だと
言われているから…。吉川英治原作の小説『宮本武蔵』で、岩国出身とされて
いるが、それは吉川氏が岩国の旅館で執筆した際の創作部分だと言われている。

さて、目的の錦帯橋を渡ってみる。イメージと全く違ってしっかりとして
微動だにしない。人も沢山渡っていたけれど、意外と新しい感じがして、
ちょっと肩透かし。まあ有名どころの定番として…。

その後、城下の吉香(きっこう)公園を散策。武家屋敷や吉香神社など多くの
見所があり、一日使わなければ、とても全て見ることが出来そうにない。

景観保持と開発が巧く噛み合った好例だと思う。公園としても観光地としても
とても美しい。写真は古い建築物ばかりだが、それにマッチした噴水の造りや
庭園の造り方など、見所はとても多いと思う。


山頂の城に向かうロープウェーの前に白ヘビ観覧施設というのがあったので
入ってみる事に。白ヘビは神の使いというイメージがあって希少なものかと
思っていたら、沢山いた…。

ロープウェーから少々歩いて岩国城へ。正確には、岩国城は山上の城と、麓の
居館を合わせて岩国城であるらしい。天守閣は本来あった場所から、少し離れた
ところに復元されている。

本当に天守閣があった場所は石垣を残すのみ。鉄筋コンクリートの博物館も
良いけど、この石垣の方も好きだな…。

山葵
JUGEMテーマ:旅行
| 山葵と天目 | 山口 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岩屋観音窟(山口県岩国市)
2008.05.24 Saturday 07:48
岩国市から北上中、『地底王国・美川ムーバレー』という毒々しい看板を
見つけて、行ってみる事に。川沿いの細い山道を抜けると、いきなり凄い数の
車が停まっている。どうもムー大陸をモチーフにした洞窟探検テーマパーク
のようだ。興味をそそられたが人が多いのでパス。さらに奥にある岩屋観音窟へ
行ってみることに。

駐車場から少し上る。道路の脇の苔の下から蛙の声が絶え間なく聞こえてくる。
聞きなれない鳴き声、蛙を見つけようと探してみたが見つからず、残念…。

大きな水車が目に入り、隣に御土産屋さん兼食事処がある。水車でそば粉を
挽いているようだ。水車は木製で大きい。そば粉を挽いている箇所も見ることが
できるが、チェーンに塗ってあるオイルが目に付いた。水車の名前は
『観音水車でかまるくん』…。

さて、目標の岩屋観音窟は、水車とお店の裏側にある。天然記念物にも
指定されているそうだ。浅い洞窟内に(またも)弘法大師が古木で刻んだと
言われる観音像が安置されているのだが、それに鍾乳石の水滴が落ち、木仏が
石に包まれ、石仏と化したそうだ。鍾乳石に包まれ、細かな表情は見て
取れないが、神秘的。友人夫妻とお参りする。良いものを観せてもらった。

山葵
JUGEMテーマ:旅行


| 山葵と天目 | 山口 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM