スポンサーサイト
2011.04.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
富士山(山梨県富士吉田市)
2008.08.30 Saturday 17:00
天目の友人が福岡から来訪。富士山が見たいというので、車に乗っ富士スバルラインを上ってみる。が、生憎の雨…。少し雪が残っていたのを確認できたが(実際は5月)、五合目に土産物屋さんと五合目簡易郵便局という郵便局があり、木のはがきを出せるようだ。外国からの観光客で賑わっている。

それよりもそこで売られていた印鑑に目がいく。ちょっと欲しいかも…。我慢して祖母に送ろうかと絵葉書を2枚購入。さらにウロウロしていると、富士山の形をしたパンを作っていた。

偶然に居合わせた外国人さんと一緒にぼんやりと出来上がりまで眺めていた。気がつけば二人揃って購入。作っているところを見せられると、ついつい手が出てしまう。メロンパンのようで柔らかい。ココアと粉砂糖の粉がアクセント。

山葵
JUGEMテーマ:旅行


| 山葵と天目 | 山梨 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
武田信玄公の墓(山梨県甲府市)
2007.08.26 Sunday 16:40
めっさ立派。
信玄公は今でも山梨に鎮座まします。


天目
| 山葵と天目 | 山梨 | comments(0) | - | pookmark |
武田神社(山梨県甲府市)
2007.08.26 Sunday 16:37
山葵とその友人が食い入る様に観ていた。
さすが歴史好き。
ロマンですな。


手水所にもこだわりが。


天目

| 山葵と天目 | 山梨 | comments(0) | - | pookmark |
鳴沢氷穴・富岳風穴(山梨県 南都留郡)
2007.07.05 Thursday 15:26
 浅間神社を後にして、久保田一竹美術館を訪れたが、個人的にはあまり
好みではないので、早々に退散。

変わったデザインの大きな門や、ちょっとグエル公園を思わせる建物から庭への
造りは気になったが、これも久保田氏のデザインだろうか。黒柳哲子氏の着た
手描き友禅等が展示してある。

 道の駅で休憩中、二人とも氷穴や風穴という呼び名に釣られて、興味本位で
鳴沢氷穴と富岳風穴へ行ってみる事に。

 写真は富岳風穴の氷柱。どちらも寒い。二人ともシャツ一枚だったので
とても辛かった。正直に言って氷穴と風穴がどう違うのか全く解からない。
どちらも昔は幕府に献上する氷を保管していたところらしい。ただ、風穴
には養蚕のためのさなぎ等が展示してあり、道も広くて歩きやすかった。
あまりこだわりが無いなら富岳風穴の方がお薦め。氷柱も見やすいし…。

 風穴を出ると、売店にもろこしソフトなるソフトクリームが売っていた。
毎回旅先で地元産ソフトを買っていたので、一抹の不安を覚えながらも購入。
スジャータのコーンスープをそのまま飲んでる感じ。…ごめん無理。

山葵
| 山葵と天目 | 山梨 | comments(0) | - | pookmark |
富士浅間神社・河口浅間神社(山梨県 富士吉田市・南都留郡)
2007.07.05 Thursday 15:06

 天目も私も富士山をこんなに近くで見るのは初めて。
街に高い建物が無いせいか、とても美しい。近辺は火の神様を祀った
浅間神社が多いが、たまたま目の入った富士浅間神社へ。

 私はお寺よりも神社の方が好きだ。信仰上の理由ではなく、神社の方が
商売っ気が薄い気がするからだ。京都の寺を回りすぎというのもあるかも
しれない。さすがにNHKで大河ドラマをやってるせいか、武田信玄との関わりが
看板になってたけど。

 その後、河口湖へ。以前、私の兄が河口湖で地引網をしたことがあったので
やってみたいという事になったが、どうも予約が要るらしい。残念。河口湖
周辺は観光地化され、人も多いため、人ごみを避けて河口湖北にあった国道
137号沿いの浅間神社へ。

敷地内には『七本杉』と呼ばれる立派な杉があり、それぞれに名前が付けら
れていた。どうも今回は杉の木に縁があるようだ。先ほどの富士浅間神社よりも
人もおらず静か。お茶を飲みながら休憩。

山葵 
| 山葵と天目 | 山梨 | comments(0) | - | pookmark |
たけ川・開花(山梨県 南都留郡・富士吉田市)
2007.07.03 Tuesday 09:55
 明朝、目的だった富士吉田市に到着。吉田うどんのお店を吟味する。香川と
同じく、日曜日休みのお店が多い。とあるサイトで狆綉藜垳け瓩判颪れて
いた『たけ川』へ。
 開店とほぼ同時にお店に着いたが、既に席が結構埋まっていた。席に案内され
ると、天目は月見うどんを、私はつけうどん(冷やしたうどんに暖かいだし汁を
つけて食べる。つけ麺のうどん版。)を注文して待つ。程なくして料理が到着、
代金引換のようだ。

 麺にコシがあるというのではなく、単純に硬い。極論すれば、ほうとうの麺で
うどんを作った様な感じ。こういう麺には、上品な醤油のだしでは合わないと
思うが、やはり少々味噌が混ぜられているようだ。ほうとうほど濃くはなく
簡単であっさりとしているのが好まれている理由だろうか。個人的には少々
物足りなかったので、テーブルにあった、七味唐辛子とごま油を混ぜた薬味
(すりだねと呼ばれているらしい。)を入れる。非常に美味しくなった。のど越し
や洗練された麺の腰という点では、香川の讃岐うどんには及ばないが、素朴で
力強い硬さを誇る麺も美味しい。店員さんも元気で爽やか、満足してお店を出た。

 気を良くして、はしごをしようと『開花』へ。

こちらの麺も『たけ川』と同じく幅広ではあったが、あちらのように硬くはない。
同じように地元の方で賑わっていたので、人それぞれの好みなのだろう。
 二軒まわって満腹。個人的には特徴が際立つ『たけ川』の方が好みかなあ。


山葵
| 山葵と天目 | 山梨 | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM